学校心理士スーパーバイザー資格取得までの流れ

学校心理士スーパーバイザー(CSP-SV)資格は,学校心理士資格申請時のスーパーバイズや,学校心理士会員へのスーパービジョン,および研修会講師等を担う,学校心理士の上位資格です。2023年度までに248名の学校心理士スーパーバイザーが誕生しました。

学校心理士スーパーバイザーの資格申請要件には<類型A>と<類型B>があります。以下を確認し,ご自身の申請要件を確認してください。

<類型A>
大学に勤務する学校心理学関連の教育・研究に携わっている教員

<類型B>
全国各地の教育委員会・教育研究所・センター等で学校心理学関連の業務を務める研究主事・指導主事等,あるいは学校現場での学校心理士のリーダー
※退職している場合は,何らかの形で学校心理学的援助サービスに携わっている方を対象とします。

資格申請要件

<類型A・B共通要件> 

(1),(2)は必須要件です。

  1. 申請時に学校心理士で,その資格を継続して10年以上有していること(2024年12月31日に資格保有10年となる方も含みます。IDカードの取得年月日が2015年4月1日以前の方が対象です)。
  2. 学校心理士スーパーバイザーとしての人格及び識見を兼ね備えていること。
  3. 学校心理士にスーパービジョンをおこない,全国各地での学校心理士研修会等で講師を務めることができること。

※大学教員経験が5年以上となる場合は,類型Aで申請してください。

<類型A>

①と②両方の条件を備えていること。

  1. ①学校心理士資格取得後の3年以上の期間を含む,合計5年以上の大学勤務(学校心理学関連の授業もしくは担当業務)があること。
    *非常勤の場合には年間4コマの講義・演習等を担当していること(1コマは原則半年間の授業)
  2. ②学校心理士資格取得後の研究業績5編以上を含む,学校心理学に関する研究業績10編以上を有していること。
    *共著可,雑誌掲載可(詳しくは 「学校心理士スーパーバイザー申請に必要な研究業績」をご参照ください。)

<類型B>

①と②両方の条件を備えていること。

  1. ①学校心理士資格取得後に5年以上の学校心理学に関する専門的実務経験があること。
  2. ②学校心理士資格取得後に学校心理学に関する研究業績2編以上を有していること。
    *共著可,雑誌掲載可(詳しくは 「学校心理士スーパーバイザー申請に必要な研究業績」をご参照ください。)

提出書類

※以下①~⑥すべての書類が審査に必要です。資格要件に該当する全ての書類が整っているか確認のうえ提出してください。

  1. ①学校心理士スーパーバイザー資格申請書
    • 認定審査料の払込金受領証またはご利用明細票の写しを添付してください。
  2. ②学校心理学に関する経歴の証明書
    • 複数の機関にわたる場合は,複数枚提出してください。
    • 校長職で,上記証明書が教育委員会よりもらえない場合は,必要年数分の「在職証明」(教育委員会発行)で代用することが可能です。
  3. ③学校心理学に関する研究業績一覧と添付書類
    • 申請者氏名の入っている部分のコピーは必須です。
    • コピーは,A4 判片面とし,右肩には「学校心理学に関する研究業績一覧」に記載した通し番号を記入してください。「学校心理学に関する研究業績一覧」を一番上にし,添付書類のコピーを通し番号順に並べて,クリップ等でまとめて提出してください。(ホチキス不可)
  4. ④学校心理士スーパーバイザー面接試験日程希望用紙
  5. ⑤ID カード作成用写真 1 枚
    • 写真は縦 4 cm×横 3cmとし,裏面に登録番号と氏名を記入してください。
    • 申請書に貼付したものと同じものとは別にもう1枚提出してください。
    • カード作成時に,写真の周り2mm程度がカットされますので,頭上を2~3mm 空けてください。
  6. ⑥申請者自身宛の住所,宛名を記入した官製ハガキ〔63 円〕
    • 書類受領連絡用として使用します。

認定審査料

22,000円(消費税込み)

  • 4月1日以降に,郵便局に備え付けの青色の払込取扱票にて,申請期限までに以下の郵便振込口座に納付してください。または,ゆうちょ銀行口座へのお振込みも可能です。
  • 振込取扱票のご依頼人欄は,ご住所・お名前・電話番号をはっきりとご記入ください。また,通信欄には,必ず「2024年度SV認定審査料」とご記入ください

郵便局(郵便振替)                  ゆうちょ銀行

口座番号
00170-8-613271
加入者名
一般社団法人学校心理士認定運営機構
店名
〇一九店
口座番号
当座 0613271
加入者名
一般社団法人学校心理士認定運営機構

2024年度スケジュール

申請期間

2024年5月7日(火)~6月7日(金)(必着)

  • 提出書類について事務局から問合せをする場合は,メールにて連絡しますので,随時確認をお願いいたします。

書類審査結果・面接試験日程通知

2024年6月下旬(予定)

面接試験(書類審査合格者のみ)

2024年8月17日(土),18日(日)のいずれか

場所
LMJ東京研修センター(JR総武線 水道橋駅から徒歩6分)
  • 新型コロナウイルス等の感染状況により,面接場所(方式)を変更することやご負担をおかけする場合があります。
  • やむを得ず欠席する場合や遅れる場合は,試験開始前までに必ず事務局に連絡をしてください。事前連絡がない場合は,不合格となります。

総合判定

2024年9月

審査結果通知

2024年9月

登録料・会費の納入(合格者のみ)

審査結果通知書に記載された期日までに,登録料および日本学校心理士会会費をお納めていただきます。

登録料会費(5年間分)合計
30,000円(不課税)30,000円(不課税)50,000円
  • 5年間分まとめてのお支払いとなります。学校心理士スーパーバイザー資格は5年毎の更新となります。
  • 合格された方は,今までの学校心理士資格は2024年12月31日で終了し,2025年1月1日より新たに学校心理士スーパーバイザーとして登録されます。学校心理士資格有効期限が残っている場合は,残っている年数×6,000円を会費から相殺いたします。

認定証・IDカード交付(合格者のみ)

2024年11月発送予定

  • 資格取得日は2025年1月1日,資格有効期間は2025年1月1日から2029年12月31日までとなります。
  • 現在の学校心理士資格は終了し,これまでの学校心理士登録番号は廃止となります。

資格更新について

5年ごとに資格更新手続きを行う必要があります。
学校心理士資格更新要件である「A を1ポイント以上含む,計 10 ポイント以上を取得」に加え,学校心理士スーパーバイザーの資格更新には,スーパーバイザー研修会への参加・受講を義務づけます。
スーパーバイザー研修会は,Ⅰ「倫理と法」,Ⅱ「コンサルテーションあるいはスーパービジョンの方法」,Ⅲ「その他」が開催され,Ⅰ,Ⅱ,Ⅲにつき最低各1 コマの受講が必須です。スーパーバイザー研修会は,日本学校心理士会年度大会時等に開催を予定しております。
更新に関わる費用については,更新時の書類でお知らせします。

その他

今年度学校心理士資格の更新該当者で,新たにスーパーバイザー資格を申請される方は,まず,スーパーバイザー資格認定申請手続きのみ行ってください。
スーパーバイザー資格認定審査が不合格となった場合には,早急に通常の学校心理士資格更新手続きをしていただくことになります。その場合は,当該年度に限り,学校心理士資格更新審査料は無料となります。

申請書類の提出先,および問い合わせ先

一般社団法人 学校心理士認定運営機構 学校心理士スーパーバイザー係
〒113-0033
東京都文京区本郷 2-32-1 BLISS 本郷ビル 3F
電話:03-3818-1554 (受付時間:平日10:00~16:00)
FAX :03-3818-1588
E-mail:office[at]gakkoushinrishi.jp ([at]を@に替えてください)

  • ご質問・お問い合わせにつきましては,原則E-mailにてご連絡ください。
  • 申請書等提出された書類及び認定審査料はいかなる場合でも返却できませんので,ご留意ください。予めご自身で提出書類をコピーする等の対応をお願いいたします。

[2024年度版指定書式等]