日本学校心理士会2018年度大会について

日本学校心理士会2018年度大会は国際学校心理学会東京大会(ISPA 2018 TOKYO)のプログラムを共有して開催いたします。
(当日参加はできません。必ず事前申込をして下さい。)

日程:2018年7月26日~28日


26日
英語プログラム

27,28日
日本語プログラム,英語プログラム


会場:東京成徳大学

大会ホームページはこちら

学校心理士資格保有10年以上の方へ

2018年度SV資格申請

申請期間: 2018年5月1日(火)~6月10日(日)必着 


詳しくはこちら

2018年度SV資格更新

申請期間: 2018年9月1日(土)~10月20日(火)必着

詳しくはこちら

2018年度学校心理士資格申請

申請期間: 2018年5月1日(火)~6月20日(水)当日消印有効

詳しくはこちら

2018年度学校心理士資格更新

申請期間: 2018年9月1日(土)~10月31(水)必着

詳しくはこちら

日本学校心理士会2017年度大会
(チーム学校を活かす学校心理士)


日程:2017年8月19日(土)・20日(日)

会場:西宮市民会館・西宮市立勤労会館

       (兵庫県西宮市)

※2017年度大会は無事終了いたしました。皆様のご協力に感謝いたします。

  

日本学校心理士会年報
論文の閲覧

    

日本学校心理士会年報について

(国会図書館の蔵書として登録されています。ISSN 2185-4602)

※2017年8月31日消印有効
 ・年報倫理規定(PDF形式)
 ・年報原稿作成,投稿要領(PDF形式)
 ・年報チェックリスト(PDF形式)
 ・年報投稿票(WORD形式)
 ・年報書式(Word形式)


学校心理士リーフレット

学校心理士リーフレット ダウンロード


関連サイト



更新情報

2018年6月8日

お知らせ

ISPA2018Tokyo の当日参加について

[2018-7-13]

ISPA2018Tokyoの参加申込は〆切っています。当日参加はできません。

SV研修のみ当日受付可(SV有資格者)です。但し,参加費5,000円が必要です。

平成30年7月豪雨について

[2018-7-9]

このたびの平成30年7月豪雨により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

一般社団法人 学校心理士認定運営機構 理事長   石隈利紀
事務局長   山口豊一
日本学校心理士会  会長  山谷敬三郎
副会長   田村節子
副会長   岡 直樹

「震災に関する子どもや学校のサポート」の資料(PDF形式)をご活用ください。

ISPA2018Tokyo でのSV研修について

[2018-6-27]

ISPA2018Tokyo(東京成徳大学)でのSV研修の予定は以下のとおりです。

   7月27日(金)15:30~17:00 教室:6304(6号館3F)
   【SV研修2 コンサルテーションあるいはスーパービジョンの方法】
   「スーパービジョンのあり方」講師:山谷敬三郎(北翔大学)

   7月28日(土)15:30~17:00 教室:6303(6号館3F)
   【SV研修3 その他】
   「リスクマネジメント」講師:瀧野揚三(大阪教育大学)

大会参加申込をされていない方でもSV研修のみの受講は可能です。
その場合の参加費は,5,000円です。
直接,研修会の教室にいらしていただき,教室入り口にて参加費をお支払い下さい。
1回参加でも,2回参加でも参加費は同じです。

※学校心理士SVの更新には,SV研修1,2,3を各1回以上受講することが必要です。
この研修は学校心理士SV以外の方は受講できません。

2018年6月18日大阪府北部地震について

[2018-6-27]

このたびの大阪府北部地震により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

一般社団法人 学校心理士認定運営機構 理事長   石隈利紀
事務局長   山口豊一
日本学校心理士会  会長  山谷敬三郎
副会長   田村節子
副会長   岡 直樹

「震災に関する子どもや学校のサポート」の資料(PDF形式)をご活用ください。

ニューズレター掲載研修会日程について

[2018-6-15]

ニューズレター60号10ページに掲載の「日本学校心理士会北関東ブロック2019年度研修会」の日程に間違いがありました。 正しくは,「2019/3/23」です。お詫びして訂正いたします。

求人情報(群馬工業高等専門学校スクールカウンセラー(非常勤職員)募集)

[2018-6-8]

詳細は会員専用ページ

訃報

[2018-5-23]

一般社団法人日本スクールカウンセリング推進協議会理事長の國分康孝氏(享年87歳)が4月19日にご逝去されました。心よりご冥福をお祈りいたします。

求人情報(滋賀県大津市職員(非常勤嘱託職員)採用選考募集)

[2018-4-13]

詳細は会員専用ページ

「受験の手引」が日本心理研修センターHPで公開されました

[2018-3-16]

「受験の手引(ページの一番下に抜粋版があります)」が日本心理研修センターHPで公開されました。
以下のURLをご参照ください。
http://certified.shinri-kenshu.jp/support/examination.html

公認心理師試験の施行について官報に掲載がありました

[2018-2-9]

第1回公認心理師試験 2018年9月9日(日)

詳しくはこちら  

平成2018年2月7日台湾東部の地震について

[2018-2-9]

このたびの台湾東部の地震により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

一般社団法人 学校心理士認定運営機構 理事長   石隈利紀
事務局長   山口豊一
日本学校心理士会  会長   石隈利紀
副会長   岡田守弘

「震災に関する子どもや学校のサポート」の資料(PDF形式)をご活用ください。

2月25日准学校心理士と公認心理師との関わりから学校心理士のアイデンティティを考える研修会の申込期間を延長しました

[2018-2-2]

12月27日付掲載の2月25日准学校心理士と公認心理師との関わりから学校心理士のアイデンティティを考える研修会の申込期間を2月10日まで延長いたします。

メディア(zoom)参加もできますので遠隔地の方も是非お申し込みください。お住まいが会場(横浜・みなとみらい線日本大通り駅徒歩0分)に近い方は遠方の方にメディア参加をお譲りいただき、できるだけ会場におこし下さい。  

 

2月25日准学校心理士と公認心理師との関わりから学校心理士のアイデンティティを考える研修会のご案内

[2017-12-27]

准学校心理士資認定委員会主催研修会開催要項

一般社団法人 学校心理士認定運営機構
准学校心理士資格認定委員会
委員長 大野精一

1)目的
  新しい制度である准学校心理士と,国資格として新設された公認心理師との関わりから学校心理士のアイデンティティを明確にし,今後の学校心理士の将来展望を考える

2)期日(日程)
    2018年2月25日(日) 14:00-16:30

3)テーマ
    学校心理士のアイデンティティ
  ―准学校心理士と公認心理師との関わりで―

4)講師 
  大野精一(星槎大学大学院教育実践研究科 教授・研究科長)

5)会場
  星槎大学大学院(横浜情報文化センター)
  神奈川県横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター5階
  横浜駅からみなとみらい線日本大通り駅下車出口3番

6)参加費等
  会場の関係で,募集70名で参加費500円。
ただしメディアによる自宅等からの参加は,募集24名で,参加費無料
 (今回試験的に実施するもので,zoomを利用しインターネット環境にあるPC等で全国の自宅や職場等からの参加が可能ですが,ソフト容量等の限界があります)

7)学校心理士更新ポイント
  Aポイント1点(予定。1月20日学校心理士認定委員会に申請)

8)参加受付
  1月9日から1月24日までにメール(メールタイトルは「2月25日横浜研修会申込」として下さい)で事務局(office◎gakkoushinrishi.jp)に参加の希望申請をして下さい。(送信時には◎を@に直してください)
 会場参加及びメディア参加とも先着順に参加決定させていただきます。
 その際,以下をご記入下さい。

  1.氏名 
  2.学校心理士登録番号(SV・補含)
  3.住所(受講証送付先)
  4.所属支部
  5.連絡先電話番号
  6.会場参加・zoomによるメディア参加の別

 ※受講決定通知はメールでお送りします。

9)その他
メディアによる参加の場合,自宅や職場等で無料の受講が可能ですが,Wi-Fi接続等のインターネット環境やソフト導入等いくつかの必要条件が あります。
また今回は試験的に実施するもので,事前準備(受講手順書等でお示しします)や当日準備(当日開始30分前の13時30分から受講可能かどうか 最終チェック等)が完了して受講できるものです。
こうした準備が整わない場合には受講することが不可能であることをご承知おき下さい。
また,受講後に,受講されたことの証として受講中に講師から任意の時刻に二回指示される4桁の数字を記した感想コメント(書式自由)を メールで事務局(office◎gakkoushinrishi.jp)にお送りいただくことが受講証を郵送する条件となります。

 

1月21日准学校心理士資格資格取得に関わる説明会のご案内

[2017-12-11]

准学校心理士資格取得に関わる各大学・短大・専門学校等の担当者様

一般社団法人 学校心理士認定運営機構
准学校心理士資格認定委員会
委員長 大野精一

准学校心理士資格取得に関わる説明会を下記の通り開催いたします。

日 時:2018年1月21日(日) 13:00から(1時間程度)
場 所:一般社団法人学校心理士認定運営機構事務局(東京都文京区本郷)
内 容:新制度の概要説明と質疑応答 
申込方法:以下を記して1月10日までに,jungs32440736◎yahoo.co.jp (准学校心理士問合せアドレス)宛にメールする。(送信時には◎を@に直してください)
メールタイトルは,「1月准学校心理士説明会参加希望」。

 1. 参加者氏名
 2. 所属・職名
 3. 連絡先メールアドレス
 4. 事前に明確な質問事項等ありましたら,明記してください。

※参加者多数の場合は,説明会を複数回開催いたします。(13:00~14:00 14:30~15:30等)
 必ず,メールでお返事いたしますので,当日はメールにて時間を確認の上,ご参加ください。
 

求人情報(筑波大学附属学校教育局 スクール・カウンセラー)

[2017-12-4]

詳細は会員専用ページ

新しい資格「准学校心理士」ができました。

[2017-11-17]

一般社団法人 学校心理士認定運営機構
准学校心理士資格認定委員会
委員長 大野精一

2018年度より「准学校心理士」の認定を開始します。大学や短期大学の卒業時に取得できる資格です。
 あらかじめ本機構から認定を受けた大学・短大・専門学校など(准学校心理士申請加盟校)が志願する在校生について一括して申請します。(加盟校方式)
加盟校の認定には科目申請が必要です。2018年度資格認定用の科目申請の締切は2018年2月末日です。

※問合先メールアドレスが変更になりました。
   jungs32440736◎yahoo.co.jp
(送信時には◎を@に直してください)


詳しくはこちら

求人情報(岩手大学教育学部准教授再公募(発達心理学))

[2017-10-30]

詳細は会員専用ページ

日本心理研修センターのホームページに公認心理師試験サイトがオープンしました。

[2017-10-20]

現任者講習,試験,登録等についての情報があります。
公認心理師試験サイトhttp://certified.shinri-kenshu.jp/

公認心理師 現任者のための講習会のお知らせ

[2017-10-20]


1 公認心理師現任者のための講習会が下記の要領で,受付を開始しました。

2 受講するのは、公認心理師を現任者として受験を予定している者です。

「現任者」の条件を満たしているかどうかは、受験時の審査で分かることと思われます。現任者として受験する可能性のある人は、講習会を受けることをすすめます。

☆なお現任者は、臨床心理士や学校心理士の資格をもっているかどうかには関係ありません。
心理支援に関わる業務(公認心理師法第2条にあげらている①アセスメント等、②心理支援、③関係者への支援(注:④心の健康教育は含まず)を5年以上している者です。
但し、実務を辞めてからの年数については期限がありますので、以下のサイトを御確認ください。
http://certified.shinri-kenshu.jp/support/examination.html

心理教育的援助サービスの業務を行っている学校心理士(類型2含む)は、現任者として受験資格がある可能性があります。そのためには、所轄の責任者(校長等)から、該当者が公認心理師の行為(①②③)を行っていることの証明を出してもらう必要があります。

<現任者講習>(日本心理研修センター主催)
申込期間:2017.10.25~11.17
受講地:北海道・東京・愛知・京都・大阪・福岡
受講料:70,000円(テキスト代別)
受講期間:2018.2.3~4.8
     上記期間の中から4~5日
     (土日祝コース・平日コースを選択)

※詳しくは以下を参照してください。
http://certified.shinri-kenshu.jp/support/seminar.html
 

求人情報(東京都「特別支援教室巡回相談心理士」)

[2017-10-16]

詳細は会員専用ページ

学校心理士リーフレットが新しくなりました。

[2017-10-16]

学校心理士リーフレットが新しくなりました。
ホームページよりダウンロードできますので,学校心理士資格の紹介等にご利用ください。    

12月9日東京成徳大学での研修会(SV研修・Aポイント研修)
のご案内

[2017-9-27]

12月9日(土)東京成徳大学にてSV研修を開催いたします。
今回の研修は,是非学校心理士の方にも受講いただきたいので, スーパーバイザー以外の学校心理士有資格者も受講ができ,Aポイントが 付与されることになりました。

研修会ご案内

日 時:2017年12月9日(土) 時間は下記参照
場 所:東京成徳大学東京キャンパス4号館2階4201室(東京都北区十条台)
参加費:無料
ポイント:各研修会につきA1ポイント(SVの方は,SV研修の受講となります)
申込方法:以下を記して10月1日~11月15日に,office◎gakkoushinrishi.jp (機構事務局)宛にメールする。(送信時には◎を@に直してください)

メールタイトルは,「12月東京研修会申込」でお送りください。
1. 希望する研修会(研修会1 研修会2)
2. 氏名
3. 登録番号
4. 連絡先電話番号
5. 連絡先メールアドレス

●研修会1.(SV研修Ⅱ コンサルテーションあるいはスーパービジョンの方法)
「『チーム援助』の実践とコンサルテーション」
講師:山口豊一先生
聖徳大学教授,学校心理士SV
時間:10時~12時 受付:9時40分~

●研修会2.(SV研修Ⅰ 倫理と法)
「子どもや学校をめぐる法律問題-事例から(仮題)-」
講師:篠崎 純先生 弁護士
千葉県弁護士会子どもの権利委員会委員,千葉県家庭裁判所八日市場支部家事調停委員,
千葉県社会福祉審議会(児童処遇部会及び施設部会)委員,千葉市児童相談所法律相談業務等嘱託弁護士,(社)日本子ども虐待防止学会会員
時間:13時~15時 受付:12時40分~

※その他
会場の東京成徳大学東京キャンパス(〒114-0033 東京都北区十条台1-7-13)へは, 電車でおいでください。
http://www.tsu.ac.jp/juken/access/tabid/258/Default.aspx
JR埼京線「十条駅」南口下車徒歩5分/JR京浜東北線「東十条駅」南口下車徒歩10分
 

公認心理師特別措置における読み替え科目について

[2017-9-21]

9月15日に公認心理師法が施行されました。
詳しい内容は,厚生労働省または日本心理研修センターのウエブページでご確認ください。 「公認心理師カリキュラム等検討会」の報告書に基づいた内容となっています。

9月15日に「公認心理師法附則第2条第1項第1号から第4号までに規定する公認心理師 になるために必要な科目の取扱いに ついて」,つまり特別措置における読み替え科目の例が示されました。

学校心理士養成の大学院科目が,以下のように読み替え科目の参考例としてあがっております。

①保健医療分野に関する理論と支援の展開:臨床心理学
②福祉分野に関する理論と支援の展開:発達心理学,特別支援教育,障害者(児)心理学,障害児の教育と心理
③教育分野に関する理論と支援の展開:特別支援教育,学校心理学,教授・学習心理学,障害児の教育と心理
☆上記①(必須)+②③各1科目で,この領域のグループでの条件を満たす。

④司法・犯罪:省略
⑤産業:省略

⑥心理的アセスメントに関する理論と実践:心理教育的アセスメント,教育評価・心理検査(実習を含む)
⑦心理支援に関する理論と実践:学校カウンセリング・コンサルテーション,学校カウンセリング(実習含む)
⑧家族関係・集団・地域社会における心理支援に関する理論と実践:学校カウンセリング・コンサルテーション,学校カウンセリング(実習含む)
⑨心の健康教育に関する理論と実践:生徒指導・教育相談・キャリア教育
☆⑥⑦⑧⑨のうち2つで各1科目で,この行為の領域グループでの条件を満たす。

⑩心理実践実習(450時間以上):心理教育的アセスメント基礎実習,学校カウンセリング・コンサルテーション基礎実習,教育評価・心理検査(実習含む),学校カウンセリング(実習含む)
☆実習時間は問わないので,上記科目どれかの単位で実習の条件を満たす。

学校心理士類型Ⅰで学校心理士を獲得した方は,旧基準の方も含めて,大学院科目の履修の読み替えにより,公認心理師受験資格が認められる可能性があります。
なお大学院科目の読み替えは、大学・大学院の判断で行うことになっています。

みなさんのますますのご研鑽を祈ります。

参考資料「公認心理師法文科省通知(読み替え科目)」    

10月21,22日  熊本での学校心理士災害支援研修会・SV研究協議会のご案内(SV研修含)

[2017-9-4]

一般社団法人 学校心理士認定運営機構 理事長 石隈利紀
事務局長 山口豊一

学校心理士SV,学校心理士,学校心理士補及び災害支援について研修したい 一般の方々を対象に,10月21,22日,災害支援研修会・SV研究協議会を開催します。
詳しくは開催要項(PDF形式)をご覧下さい。

参加申し込み方法は次の通りです。
9月1日~9月30日に以下を記し,機構事務局まで メール(office◎gakkoushinrishi.jp)(送信時には◎を@に直してください)またはFAX(03-3818-1588)にてお申し込み下さい。
メールタイトルは「10月熊本災害支援研修会申込」でお送りください。

1.参加希望の研修会(第1部、第2部、第3部)
2.所属・氏名
3.学校心理士SV・学校心理士・補資格をお持ちの場合はID番号
4.所属支部
5.連絡先電話番号
6.連絡先メールアドレス
 
参加費は無料です。
なお,宿舎については各自でご予約下さい。

交通アクセスについては,http://www.shokei-gakuen.ac.jp/univ/inquiry?id=accessmapをご覧下さい。以上よろしくお願いします。

                     

スーパーバイザー第2期(SV0036~SV0091)の方は,今年度(2017年度) が更新にあたります。SV研修Ⅱについて未受講の方は,是非ご参加ください。
---------------------------------
第4回 学校心理士災害支援研修会概要
(一般社団法人学校心理士認定運営機構 主催)
日 時:2017年10月21日(土),22日(日)
場 所:尚絅大学 九品寺キャンパス(熊本市中央区九品寺2-6-78)
       熊本市電 九品寺交差点より徒歩5分
担当:大野 精一(星槎大学・機構理事)
          山谷敬三郎(北翔大学・機構理事)
          瀧野揚三(大阪教育大学)
協力:緒方宏明(尚絅大学短期大学部)
   小泉令三(福岡教育大学)
   西山久子(福岡教育大学)

第1部 10月21日(土)13:30~16:00 「熊本からの報告」
【学校心理士資格更新ポイントA該当】
(1)柴田敏博(益城町立飯野小学校校長)
          テーマ:熊本地震における小学校の状況と日常化を目指した取組
(2)大塚芳生(熊本県立教育センター主幹・学校心理士SV)
          テーマ:熊本県心のケアサポート会議の動向
(3)緒方宏明(尚絅大学短期大学部教授・学校心理士会熊本支部長)
          テーマ:熊本地震における支部組織としての対応と課題

第2部 10月22日(日)10:00~12:00 SV研究協議会
【SV研修Ⅱコンサルテーションあるいはスーパービジョンの方法】
熊本からの報告を受けて,参加SVとコンサルテーションやスーパービジョンの方法について協議。
司会:大野精一(星槎大学教授) 山谷敬三郎(北翔大学教授)
※学校心理士SV以外の方も参加できますが,参加ポイントはありません。

第3部 10月22日(日)13:30~16:00 全体協議および総括
【学校心理士資格更新ポイントA該当】
熊本からの報告とSV協議を受けて,全体協議と総括。
司会:大野精一(星槎大学教授) 山谷敬三郎(北翔大学教授)
全体総括講師:瀧野揚三(大阪教育大学教授)

<昼食について>
徒歩圏内に熊本の中心街がありますので,そちらでとっていただくことができます。また,お弁当をもってくるか,近くのコンビニエンスストア等で購入していただき,会場で食べることもできます。

<車での来場について>
駐車場が復興工事のために使用されていますので,できるだけ公共交通機関をご利用いただくか,近隣の駐車場をご利用下さい。
            

朝日新聞に理事長のコメントが掲載されました。

[2017-9-4]

8月26日朝日新聞に学校心理士認定運営機構理事長・日本学校心理士会会長石隈利紀のコメントが掲載されました。

求人情報(大東学園高等学校)

[2017-7-24]

詳細は会員専用ページ

2017年度ガイダンスカウンセラー資格申請

[2017-7-14]

ガイダンスカウンセラー資格は2012年度より一般試験を開始いたしましたが、 「学校心理士」「学校心理士スーパーバイザー」資格を持っている方は、 今年度は経過措置によって資格認定試験を受けることができます。

申請をご希望される方は、下記書類をダウンロードしてご申請下さい。
2017年度ガイダンスカウンセラー資格申請要領(学校心理士版)(pdf版)
ガイダンスカウンセラー資格認定試験Ⅱの提出書類の記入方法(pdf版)
K-1  『ガイダンスカウンセラー』資格認定試験Ⅱ申請書(word版)
K-3(1)  実務経験の自己申告書1.実務経験一覧表(word版)
K-3(2)  実務経験の自己申告書2.実務経験申告書(word版)
K-4  ガイダンスカウンセラーとして実践可能な能力と領域(word版)
振替払込請求書兼受領証貼付用紙(pdf版)

※すでに昨年度までにガイダンスカウンセラー資格を取得した方、また「教育カウンセラー」「学校カウンセラー」等を 基礎資格としてガイダンスカウンセラー資格を取得済みの方は申請の必要はありません。

●申請書類提出期間
   2017年9月1日~9月15日(必着)

平成29年(2017年)九州北部豪雨災害について

[2017-7-10]

このたびの九州北部豪雨災害により,被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに,一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

一般社団法人 学校心理士認定運営機構 理事長   石隈利紀
事務局長   山口豊一
日本学校心理士会  会長   石隈利紀
副会長   岡田守弘

「自然災害に関する子どもや学校のサポート」の資料(PDF形式)をご活用ください。

<重要>2017年度大会 事前参加申込を延長しました

[2017-6-19]

事前参加申込締切日は,7月2日(日)24時までに延長しました。尚,ポスター発表の申込は締切りました。

※詳しくは大会ホームページをご覧ください。


注)大会2日目(8/20)9:30~11:30に予定されている<研修委員会企画シンポジウム「学校心理士と公認心理師」は既に定員となりましたので,申込修了となります。
同時間帯に新しい研修講座を開設しますので,そちらにお申し込みください。
(大会ホームページの申込欄の変更は少し遅れる場合があります)

 研修講座⑪ 家近早苗(大阪教育大学)
 タイトル:チーム学校における学校心理士の役割
                 ―3種類のチーム援助を通して―

 ●A:1ポイント
 ●すでに<研修委員会企画シンポジウム「学校心理士と公認心理師」>に,申し込まれた方で研修講座⑪を選択されたい方は,大会事務局までご連絡ください。

 2017年度大会事務局 TEL:03-3944-0301
  gakkoushinrishi2017@heibun.co.jp(@を半角に直してください)
   

<重要>2017年度大会に参加される方へ

[2017-6-8]

西宮で開催する2017年度大会の会場は,NL同封のチラシにて,1日目は西宮市民会館,2日目午前は西宮市勤労会館, 2日目午後は,西宮市民会館(公開講座とポスターのみ勤労会館)とお知らせしていました。

しかし,当初の想定より参加申込人数が多く,講演・シンポ・研修等各企画の部屋割を組み直し中です。参加前に必ず大会ホームページにて 会場・部屋割を確認くださいますようお願いいたします。

日本学校心理士会年報第10号(2017年度)の
実践論文および展望を募集します

[2017-6-8]

日本学校心理士会年報第10号(2017年度)に掲載する「実践論文」および「展望」を募集します。 論文執筆にあたっては、「『日本学校心理士会年報』実践論文および展望原稿作成・投稿要領 」をご確認の上、2017年8月31日消印有効でご提出ください。 論文の掲載は、年報編集委員会と論文審査者の意見を総合して決定いたしますが、 編集の趣旨をご理解いただき、積極的にご応募いただきますようお願い申し上げます。
なお、年報掲載に関する論文等の著作権は日本学校心理士会に帰属し、ホームページに掲載いたします。

年報編集委員会委員長 蘭 千壽

求人情報(大津市非常勤嘱託職員)

[2017-5-29]

詳細は会員専用ページ

求人情報(大津市非常勤嘱託職員)

[2017-5-8]

詳細は会員専用ページ

一般財団法人日本心理研修センター主催研修会のお知らせ

[2017-5-8]

■平成29年度夏季研修会(東京)
「公認心理師法施行と生涯研修・指導者研修を考える」

開催日:   2017年8月11日(金,祝日),12日(土)   

会場: 大正大学
         (東京都豊島区西巣鴨3-20-1,西巣鴨駅より徒歩約2分)

申し込み予約: 一般財団法人日本心理研修センターホームページより 
                      http://shinri-kenshu.jp/

詳しくはこちら(PDF形式)をご覧ください。

学校心理士資格更新ポイント
A該当: プログラム第1
B1該当: プログラム第2,第3,第4,第5,第6

2017年度大会ホームページ公開について

[2017-4-24]

大会ホームページの公開は,4月29日(土)午前11時 を予定しています。
事前参加申込,諸費用払込(クレジットカード決済)はホームページからすることが可能です。

大会ホームページ
http://heibun.co.jp/gakkoushinrishi2017/

※大会案内(1号通信)は4月末頃発送しました。届いていない方は,お問い合せください。

ガイダンスカウンセラー関係の研修会 のお知らせ

[2017-4-18]

●公認心理師制度学習会
日時:2017年6月17日(土)午前11時~12時
場所:跡見学園女子大学・文京キャンパス(東京都文京区)ブロッサムホール


●第7回公開シンポジウム「これからのスクールカウンセラーへの期待」
日時:2017年6月17日(土)13:00~16;40
場所:跡見学園女子大学・文京キャンパス(東京都文京区)ブロッサムホール

学校心理士ポイントA研修会に該当します。
詳しくはこちら(PDF形式)をご覧ください。


●2017年ガイダンスカウンセラー本部強化研修
日時:2017年6月18日(日) 9:30~16:00
会場:筑波大学・東京キャンパス文京校舎 東京都文京区大塚3-29-1
Aコース:90名
学級経営に生かすグループアプローチ 吉田隆江(武南高校教諭)
教室で行う特別支援教育 月森久江(杉並区立済美教育センター指導教授)
Bコース:30名【満員】
アセスメントの実際-WISCⅣを通して 飯田順子(筑波大学准教授)

A,Bコースとも学校心理士更新ポイントA研修会に該当します。
詳しくはこちら(PDF形式)をご覧ください。

求人情報(日々輝学園高等学校)

[2017-4-18]

詳細は会員専用ページ

埼玉県ガイダンスカウンセラー会
2017年度第1回研修会 のお知らせ

[2017-3-27]

日時:平成29年4月16日(日) 14:00~16:00
会場:文教大学越谷校舎
テーマ:いじめ予防におけるガイダンスカウンセラーの実際
講師:稲垣応顕氏(上越教育大学教授)
その他:ガイダンスカウンセラー以外の方の参加を歓迎いたします。

詳しくはこちら(PDF形式)をご覧ください。

学校心理士更新ポイントB研修会に該当します。

2017年度学校心理士スーパーバイザー(CSP-SV)資格認定のお知らせ

[2017-3-2]

学校心理士スーパーバイザー(CSP-SV)資格は、学校心理士資格申請時のスーパーバイズや、 学校心理士会員へのスーパービジョン、および研修会講師等を担う、学校心理士の上位資格です。 2016年度までに177名の学校心理士スーパーバイザー(CSP-SV)が誕生しました。

学校心理士スーパーバイザーの資格申請要件には<類型A>と<類型B>があります。

類型A-大学に勤務する学校心理学関連の教員
類型B-全国各地の教育委員会・教育研究所・センター等で学校心理学関連の業務を務める研究主事・指導主事等、 あるいは学校現場での学校心理士のリーダー

●資格申請要件
類型A・B共通要件  1)、2)は必須要件です
1)申請時に学校心理士で、その資格を10年以上有していること(2017年12月31日に資格保有10年となる方も含みます。 IDカードの取得年月日が2008年4月1日以前の方が対象です。)。
2)学校心理士スーパーバイザーとしての人格及び識見を兼ね備えていること。
3)学校心理士にスーパービジョンをおこない、全国各地での学校心理士研修会等で講師を務めることのできること。

<類型A>①と②両方の条件を備えていること
①学校心理士資格取得後の3年以上の期間を含む、合計5年以上の大学勤務(学校心理学関連の授業もしくは担当業務)があること。
*非常勤の場合には年間4コマの講義・演習等を担当していること(1コマは原則半年間の授業)
②学校心理士資格取得後の研究業績5編以上を含む、学校心理学に関する研究業績10編以上を有していること。
*共著可、雑誌掲載可(詳しくは「学校心理士SV申請に必要な研究業績」をご参照ください。)

<類型B>①と②両方の条件を備えていること
①学校心理士資格取得後に5年以上の学校心理学に関する専門的実務経験があること。
②学校心理士資格取得後に学校心理学に関する研究業績2編以上を有していること。
*共著可、雑誌掲載可(詳しくは「学校心理士SV申請に必要な研究業績」をご参照ください。)

東京都ガイダンスカウンセラー会第2回総会のお知らせ

[2017-2-15]

日時:平成29年3月19日(日) 13:30~16:00

場所:早稲田大学16号館1階106教室(予定)新宿区西早稲田1-6-1

内容:講演
        國分康孝氏(一般社団法人日本スクールカウンセリング推進協議会理事長)
        『今考えていること』
        桐村晋次氏(元法政大学キャリアデザイン学部教授)
        『キャリアについて伝えたいこと』

        情報提供 加勇田修士事務局次長

参加費:東京都ガイダンスカウンセラー会会員及び早稲田大学学生 無料
              一般 1,000円(資料代)

詳しくはこちら(PDF形式)をご覧ください。

ガイダンスカウンセラー更新ポイントⅠ(推進協が主催・共催する研修会講習会,シンポジウム,ワークショップ等への参加)に該当します。

求人情報(滋賀県大津市)

[2017-2-15]

詳細は会員専用ページ
受付期間:
平成29年2月13日(月)~同年3月6日(月)午後5時(必着)まで

一般財団法人日本心理研修センター主催研修会のお知らせ

[2017-1-23]

■平成28年度春季研修会(東京)
「諸領域における心理支援の新たな展開のために」

開催日:   2017年3月4日(土),3月5日(日)   

会場: 跡見学園女子大学ブロッサムホーム
         (東京都文京区大塚1-5-2, 茗荷谷駅より徒歩2分)

申し込み予約: 一般財団法人日本心理研修センターホームページより 
                      http://shinri-kenshu.jp/

詳しくはこちら(PDF形式)をご覧ください。
  学校心理士資格更新ポイントB1該当: プログラム第1,プログラム第2

    

求人情報(滋賀県大津市)

[2017-1-23]

詳細は会員専用ページ
受付期間:
平成29年1月18日(火)~同年2月6日(月)午後5時(必着)まで

       

求人情報(東京農業大学第三高等学校・附属中学校)

[2017-1-12]

詳細は会員専用ページ
受付期間:平成29年1月28日(必着)まで

2016年度大会参加者の皆様へ

[2016-11-28]

当日地震その他の緊急事態があった際には,東京支部のHPをご覧ください。

東京支部ホームページ
http://schoolpsychologist-tokyo.org/category7/

※皆様のご参加を心よりお待ちしております。

SCに求められる能力について(文科省資料より)

[2016-11-10]

10月31日に行われた第7回「教育相談等に関する調査研究協力者会議」の
配布資料が公開されました。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/120/shiryo/
1378590.htm



13頁より

(2)求められる能力及び資格

SCに求められる能力としては、学校に適した心理学的な技法を開発する能力、心理・健康的側面の査定能力、カウンセリング面接やグループ面接等の種々の技法を用いた対処能力、教員への心理学的見地からの助言に加え、学校組織への支援を行う組織心理学的援助能力、児童生徒への心の健康保持活動(ストレスマネジメントや対人関係訓練等)の企画立案能力が求められる。また、心理と学校教育両方の知識を有し、教職員及び関係機関と連携・協働しながら教育相談を実施する能力も必要である。SCに必要な資格としては、心理の国家資格である公認心理師が挙げられるが、これまでSCとして担ってきた臨床心理士等の実績を踏まえるとともに、不登校や問題行動 等の未然防止や集団に対する取組を主な 職務とするガイダンスカウンセラーの実績等を踏まえた上で、ふさわしい資格を判断すべきである。公認心理師は、現時点において、 その養成カリキュラムが決定していないことから、今後、 国においてそのカリキュラムの内容を踏まえて検討する必要がある。

一般財団法人日本心理研修センター主催研修会のお知らせ

[2016-9-21]

■平成28年度秋季研修会(大阪)「諸領域における心理支援の知識と課題」

開催日:    2016年11月5日(土),11月6日(日)

会場:     大阪人間科学大学庄屋学舎
   
申し込み予約: 一般財団法人日本心理研修センターホームページより 
http://shinri-kenshu.jp/
詳しくはこちら(PDF形式)をご覧ください。
  学校心理士資格更新ポイントA該当: プログラム第1
  学校心理士資格更新ポイントB1該当: プログラム第2,3,4,5

10月16日  学校心理士災害支援研修会・SV研究協議会のご案内(SV研修含)

[2016-7-14]

一般社団法人 学校心理士認定運営機構 理事長 塩見邦雄
事務局長 大野精一

学校心理士SV,学校心理士,学校心理士補及び災害支援について研修したい 一般の方々を対象に,10月16日,災害支援研修会・SV研究協議会を開催します。
詳しくは開催要項(PDF形式)をご覧下さい。

参加申し込み方法は次の通りです。
9月1日~9月30日に以下を記し,機構事務局まで メール(office@gakkoushinrishi.jp)またはFAX(03-3818-1588)にてお申し込み下さい。
メールタイトルは「10月仙台災害支援研修会申込」でお送りください。

  ・所属
  ・お名前
  ・学校心理士SV・学校心理士・補資格をお持ちの場合はID番号
  ・連絡先電話番号
  ・連絡先メールアドレス
  ・参加する研修会(第1部、第2部、第3部)

参加費は無料です。
なお,宿舎については各自でご予約下さい。

交通アクセスについては,http://www.tbgu.ac.jp/about/accessをご覧下さい。以上よろしくお願いします。

                     

スーパーバイザー第1期(SV0001~SV0035)の方は,今年度(2016年度) が更新にあたります。SV研修Ⅱについて未受講の方は,是非ご参加 ください。
---------------------------------
第3回 学校心理士災害支援研修会概要
(一般社団法人学校心理士認定運営機構 主催)
日 時:2016年10月16日(日)
場 所:東北文化学園大学
担当者:氏家 靖浩(仙台白百合女子大学教授)
            大野 精一(日本教育大学院大学教授・機構理事・事務局長)
            山谷敬三郎(北翔大学教授・機構理事)


第1日(10月16日)
            第一部10-12時 シンポジウム「宮城―震災と日常をつなぐ」
            (宮城からの報告)【学校心理士資格更新ポイントA該当】
            話題提供者(学校心理士資格保有者)
               畑山みさ子(宮城学院女子大学名誉教授)
               石川健(宮城県公立学校スクールカウンセラー 大和町教育相談員 仙
               台大学非常勤講師)
               森谷就慶(東北文化学園大学医療福祉学部教授)
            司会・総括 
               氏家靖浩(仙台白百合女子大学教授)

            第二部13-15時 SV研究協議会「宮城―震災と日常をつなぐ」
            【SV研修Ⅱコンサルテーションあるいはスーパービジョンの方法】
            宮城からの報告と協議を受けて論点整理と参加各SV発表と研究協議
            司会
               大野精一(日本教育大学院大学教授) 
               山谷敬三郎(北翔大学教授)

            第三部15-16時 全体総括
            講師
               瀧野揚三(大阪教育大学教授)

            ※第二部・第三部両方参加の場合【学校心理士資格更新ポイントA該当】
            (SV以外の学校心理士のみ)

<昼食について>
なお,当日は徒歩圏内でコンビニエンスストア,スーパー,食堂等,昼食を確保できるところがございません。学内は飲料の自動販売機のみですので,終日参加予定の方は,各自お昼のご用意をお願い致します。             

一般財団法人日本心理研修センター主催研修会のお知らせ

[2016-9-21]

■平成28年度専門研修会(2)(福岡)
「臨床経験に基づくストレス・トラウマ反応~震災ストレス症候群の見立て~」

開催日:    2016年10月16日(日)

会場:     西南学院大学 中央キャンパス2号館 4階 407教室
   
申し込み予約: 一般財団法人日本心理研修センターホームページより 
http://shinri-kenshu.jp/
詳しくはこちら(PDF形式)をご覧ください。

  

求人情報(関東学院六浦小学校)

[2016-8-9]

詳細は会員専用ページ
受付期間:平成28年9月2日(必着)まで

  「教育・発達」心理資格連絡協議会 シンポジウムのお知らせ

[2016-8-9]

公認心理師は「教育・発達」支援にどう貢献するか?―課題と展望―

日時:     2016年8月28日(日)13:00~16:00
会場:     筑波大学東京キャンパス文京校舎 134講義室
             東京メトロ・丸ノ内線・茗荷谷駅徒歩5分
             ※交通アクセスについて,詳しくはこちらをご覧下さい。
資料代:  500円

※学校心理士資格更新ポイントA該当
詳しくはこちら(PDF形式)

8月7日「学校心理士」資格認定筆記試験

[2016-8-1]

台風等により交通機関への影響が見込まれる場合,試験の実施についての情報はホームページに掲載しますので,ご確認ください。

7月30日大和大学での研修会(SV研修・Aポイント研修)
定員に達しましたので,申込受付は終了しました。

[2016-7-14]

日 時:2016年7月30日(土)
場 所:大和大学講義棟101室(大阪府吹田市)
参加費:無料

    

2016年度ガイダンスカウンセラー資格申請

[2016-7-7]

ガイダンスカウンセラー資格は2012年度より一般試験を開始いたしましたが、 「学校心理士」「学校心理士スーパーバイザー」資格を持っている方は、 今年度は経過措置によって資格認定試験を受けることができます。

申請をご希望される方は、下記書類をダウンロードしてご申請下さい。
2016年度ガイダンスカウンセラー資格申請要領(学校心理士版)(pdf版)
ガイダンスカウンセラー資格認定試験Ⅱの提出書類の記入方法(pdf版)
K-1  『ガイダンスカウンセラー』資格認定試験Ⅱ申請書(word版)
K-3(1)  実務経験の自己申告書1.実務経験一覧表(word版)
K-3(2)  実務経験の自己申告書2.実務経験申告書(word版)
K-4  ガイダンスカウンセラーとして実践可能な能力と領域(word版)
振替払込請求書兼受領証貼付用紙(pdf版)

※すでに昨年度までにガイダンスカウンセラー資格を取得した方、また「教育カウンセラー」「学校カウンセラー」等を 基礎資格としてガイダンスカウンセラー資格を取得済みの方は申請の必要はありません。

●申請書類提出期間
   2016年9月1日~9月15日(必着)

  スクールカウンセリング推進協議会 シンポジウムのお知らせ

[2016-6-9]

テーマ:「チーム学校」が目指すスクールカウンセリング
               ~ガイダンスカウンセラーの未来地図Ⅴ~
日時:     2016年8月18日(木)13:00~16:40
会場:     大手前大学・さくら夙川キャンパス A棟A-28
             〒662-8552兵庫県西宮市御茶家所町6-42
             JRさくら夙川駅・阪急夙川駅・阪神香櫨園駅から徒歩7分
           (上記最寄り駅まで,大阪(梅田)から15分,神戸(三宮)から10分,
             京都から50分)
参加費:  1000円
※ガイダンスカウンセラーの資格更新のIについて1ポイントの修了証を発行します。
※学校心理士資格更新ポイントA申請予定
詳しくはこちら(PDF形式)

      

7月30日大和大学での研修会(SV研修・Aポイント研修)のご案内

[2016-6-2]

7月30日(土)大和大学(大阪府)にてSV研修を開催いたします。
今回の研修は,是非学校心理士の方にも受講いただきたいので, スーパーバイザー以外の学校心理士有資格者も受講ができ,Aポイントが 付与されることになりました。

定員に達しましたので,申込受付は終了しました。

研修会ご案内

日 時:2016年7月30日(土) 時間は下記参照
場 所:大和大学講義棟101室(大阪府吹田市)
参加費:無料
ポイント:各研修会につきA1ポイント(SVの方は,SV研修の受講となります)
申込方法:以下を記して7月15日までに、office@gakkoushinrishi.jp (機構事務局)宛にメールする。
1. 希望する研修会
2. 氏名
3. 登録番号
4. 連絡先電話番号
5. 連絡先メールアドレス

●研修会1.(SV研修Ⅲ その他)
「特別支援教育の新しい展開―インクルーシブ教育について―」
講師:芳川玲子先生(東海大学教授)
時間:10時~12時 受付:9時40分~

●研修会2.(SV研修Ⅱ コンサルテーションあるいはスーパービジョンの方法)
「『チーム学校』を促進する相互コンサルテーション」
講師:石隈利紀先生(東京成徳大学教授 日本学校心理士会会長)
時間:13時~15時 受付:12時40分~

※その他
会場の大和大学(〒564-0082 大阪府吹田市片山町2-5-1)へは、 電車でおいでください。
http://www.yamato-u.ac.jp/access.html
JR東海道線「吹田駅」から徒歩7分(新大阪駅から京都より二つ目の駅)
阪急千里線「吹田駅」から徒歩10分

平成28年(2016年)熊本地震について

[2016-4-19]

このたびの熊本地方の地震により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

一般社団法人 学校心理士認定運営機構 理事長   塩見邦雄
事務局長   大野精一
日本学校心理士会  会長   石隈利紀
副会長   岡田守弘

「震災に関する子どもや学校のサポート」の資料(PDF形式)をご活用ください。

日本学校心理士会年報第9号(2016年度)の実践論文および展望を募集します

[2016-3-18]

日本学校心理士会年報第9号(2016年度)に掲載する「実践論文」および「展望」を募集します。 論文執筆にあたっては、「『日本学校心理士会年報』実践論文および展望原稿作成・投稿要領 」をご確認の上、2016年8月31日消印有効でご提出ください。 論文の掲載は、年報編集委員会と論文審査者の意見を総合して決定いたしますが、 編集の趣旨をご理解いただき、積極的にご応募いただきますようお願い申し上げます。
なお、年報掲載に関する論文等の著作権は日本学校心理士会に帰属し、ホームページに掲載いたします。

年報編集委員会委員長 藤原 正光

2016年度学校心理士スーパーバイザー(CSP-SV)資格認定のお知らせ

[2016-3-10]

学校心理士スーパーバイザー(CSP-SV)資格は、学校心理士資格申請時のスーパーバイズや、 学校心理士会員へのスーパービジョン、および研修会講師等を担う、学校心理士の上位資格です。 2015年度までに163名の学校心理士スーパーバイザー(CSP-SV)が誕生しました。

2016年度は<類型A>と、<類型B>の資格認定をおこないます。

類型A-大学に勤務する学校心理学関連の教員
類型B-全国各地の教育委員会・教育研究所・センター等で学校心理学関連の業務を務める研究主事・指導主事等、 あるいは学校現場での学校心理士のリーダー

●資格要件
類型A・B共通要件  1)、2)は必須要件です
1)申請時に学校心理士で、その資格を10年以上有していること(2016年12月31日に資格保有10年となる方も含みます。 IDカードの取得年月日が2007年4月1日以前の方が対象です。)。
2)学校心理士スーパーバイザーとしての人格及び識見を兼ね備えていること。
3)学校心理士にスーパービジョンをおこない、全国各地での学校心理士研修会等で講師を務めることのできること。

<類型A>①と②両方の条件を備えていること
①学校心理士資格取得後の3年以上の期間を含む、合計5年以上の大学勤務(学校心理学関連の授業もしくは担当業務)があること。
*非常勤の場合には年間4コマの講義・演習等を担当していること(1コマは原則半年間の授業)
②学校心理士資格取得後の研究業績5編以上を含む、学校心理学に関する研究業績10編以上を有していること。
*共著可、雑誌掲載可(詳しくは「学校心理士SV申請に必要な研究業績」をご参照ください。)

<類型B>①と②両方の条件を備えていること
①学校心理士資格取得後に5年以上の学校心理学に関する専門的実務経験があること。
②学校心理士資格取得後に学校心理学に関する研究業績2編以上を有していること。
*共著可、雑誌掲載可(詳しくは「学校心理士SV申請に必要な研究業績」をご参照ください。)

     

東京都特別支援教室巡回相談員希望者対象の研修会について

[2016-2-19]

2016年度より今まで臨床発達心理士のみに依頼されていた東京都特別支援教室の相談員に学校心理士も参加できることになりました。 巡回相談員という形です。希望される方は以下の研修会に参加してください。

●日時:         2016年3月13日(日)10:00~17:00
                    2016年3月21日(月祝)10:00~17:00
●場所:         TKP渋谷カンファレンスセンター[10B]
●定員:         50名(両日とも)
●2016年度より実際に巡回相談ができる方を対象とします。
   参加条件:  以下の①~⑤の全てを満たす方
   ①児童の実態を発達の視点で捉えることができる方
   ②「困り感」のある児童に対し、適切な合理的配慮が提案できる方
   ③必要なアセスメントの選定が可能で、実施、活用ができる方
   ④保護者への対応(説明責任)が担える方
   ⑤2016年度に1校以上の小学校の巡回が可能な方
●参加費:  臨床発達心理士: 5,000円(事前振込)
             ※特別支援教育士あるいは、学校心理士資格のみの方は15,000円。
●申込方法:  臨床発達心理士会東京支部ホームページにて申し込んでください。

                        

求人情報(埼玉県:高校相談員)

[2016-2-19]

詳細は会員専用ページ
受付期間:
  ・郵送の場合:平成28年2月19日 (金曜日)消印有効
  ・生徒指導課持参の場合:平成28年2月22日(月曜日)17時まで 

              

求人情報(滋賀県大津市)

[2016-2-5]

詳細は会員専用ページ
受付期間:
平成28年1月29日~2月29日午後5時(必着)

 

2月13日大和大学での研修会(SV研修・Aポイント研修)のご案内

[2016-1-15]

2月13日(土)大和大学(大阪府)にてSV研修を開催いたします。
今回の研修は,是非学校心理士の方にも受講いただきたいので, スーパーバイザー以外の学校心理士有資格者も受講ができ,Aポイントが 付与されることになりました。

研修会ご案内

日 時:2016年2月13日(土) 時間は下記参照
場 所:大和大学講義棟202室(大阪府吹田市)
参加費:無料
ポイント:各研修会につきA1ポイント(SVの方は,SV研修の受講となります)
申込方法:以下を記して1月31日までに、office@gakkoushinrishi.jp (機構事務局)宛にメールする。
1. 希望する研修会
2. 氏名
3. 登録番号
4. 連絡先電話番号
5. 連絡先メールアドレス

●研修会1.(SV研修Ⅲ その他) 「学習障害と注意欠陥多動性障害の診断をあわせもった 児童・生徒への漢字書字指導について」
講師:落合俊郎先生
広島大学名誉教授、大和大学教授
時間:10時~12時 受付:9時40分~

●研修会2.(SV研修Ⅰ 倫理と法)
「弁護士から見た相談業務~学校心理士に望むこと~」
講師:野口善国先生 弁護士
兵庫県弁護士会人権擁護委員、同子どもの権利委員、学校事件・事故被害全国弁護団副代表
時間:13時~15時 受付:12時40分~

※その他
会場の大和大学(〒564-0082 大阪府吹田市片山町2-5-1)へは、 電車でおいでください。
http://www.yamato-u.ac.jp/access.html
JR東海道線「吹田駅」から徒歩7分(新大阪駅から京都より二つ目の駅)
阪急千里線「吹田駅」から徒歩10分

一般財団法人日本心理研修センター主催研修会のお知らせ

[2016-1-15]

■平成27年度冬季研修会(東京)「諸領域における心理支援の知識と課題」
開催日:    その1:2016年3月12日(土) 10:00~16:30
      その2:2016年3月13日(土) 10:00~16:30
      その3:2016年3月20日(土) 10:00~16:15
      
会場:     その1:跡見学園女子大学文京キャンパス
      その2:筑波大学東京キャンパス文京校舎
      その3:エムワイ貸会議室お茶の水

申し込み予約: 一般財団法人日本心理研修センターホームページより 
http://shinri-kenshu.jp/
詳しくはこちら(PDF形式)をご覧ください。
  学校心理士資格更新ポイントA該当予定: プログラム第11、第21
  学校心理士資格更新ポイントB該当予定: プログラム第12、第13、第14、
                                                                              第22、第31