資格更新手続きについて

該当する会員の皆様には手続き書類一式を発送します(4月を予定)。

2017年度は、1997年度(登録番号が97で始まる方:4回目更新)・2002年度(登録番号が6で始まる方:3回目更新)・2007年度(登録番号が11で始まる方:2回目更新)・2012年度(登録番号が16で始まる方:1回目更新)資格取得者の資格更新年度にあたります。 申請期間は、2017.9.1〜10.31(必着)です。 更新の意思がある方は、必ず申請期間中に、資格更新申請書類または資格更新期間延長申出書類のいずれかをご提出ください。 期間を過ぎて到着した場合、審査は行われず、資格更新期間延長申出扱いとなります。

  • ポイント取得は2017年12月31日まで可能です。 更新の意思があり、不足ポイントを取得予定の場合は、その旨を「更新に関わるポイント合計用紙」に記入し、 更新申請期間中に更新申請書類を提出してください。不足ポイント分については、取得後速やかに追加提出してください。
  • 更新申請期間を過ぎてしまった場合、資格有効期間内に限り、「資格更新期間延長申出書」を受理いたします。

資格更新期間延長申し出について

特別の理由(海外滞在、病気、怪我、介護、出産、育児等)がある場合は、上記更新申請期間中に「学校心理士」資格更新期間延長申出書を事務局宛に提出してください。 認定委員会にて審査後、通知書を郵送いたします。承認された場合、1年分相当の会費を納入していただくことにより、1年間更新手続きを延期することができます。 同様の手続きを行うことにより、さらに2回(最長3年間)の延長が可能です。 なお、延長した場合、次回更新までの期間が短くなりますのでご注意ください。

学校心理士スーパーバイザー資格申請について

1997年度(登録番号が97で始まる方:4回目更新)・2002年度(登録番号が6で始まる方:3回目更新)・2007年度(登録番号が11で始まる方:2回目更新)資格取得者については、 学校心理士スーパーバイザー資格申請にあたっての基本要件の一部<申請時に学校心理士で、その資格を10年以上有していること(2017年12月31日に資格保有10年となる方も含みます)を満たしていますので、 学校心理士スーパーバイザー資格申請が可能です。申請期間は、2017年5月1日〜6月10日当日消印有効です。なお、不合格となった場合には、早急に学校心理士資格更新手続きをしていただくことになります(その場合の更新審査料は無料です)。


学校心理士資格更新手続き

*研修会参加(A・B)、総会・大会への参加(T)の場合、それを証明するものとして、 受講証明書や大会参加証の原本を提出してください(コピーは認められません)。
*ガイダンスカウンセラー資格取得者は、ガイダンスカウンセラー資格更新の際にも更新ポイントとして有効ですので、コピーを取り保管しておいてください。

1.申請期間・更新条件

【申請期間】2017年9月1日〜10月31日(必着)
【更新条件】資格認定を得た日より満5年を経過する前日までに、種別Aを1ポイント以上含み、計10ポイント以上を取得すること。
*現在の資格有効期間内(資格更新期間延長者は延長期間までを含む)に取得したポイントに限ります。 なお、ポイントを次回更新用に繰り越すことはできません。

2.更新に必要な書類(提出物)

申請には所定の用紙(申請内容に応じて必要なものを選択してください)を用い、添付書類はA4判(原本提出のものは除く)にて提出してください。なお、添付書類返却希望の場合は、A4判1枚に、登録番号・氏名・返却物内容(研修会参加証明関係、総会・大会参加証明関係に限ります)を明記の上、 切手を貼った返信用封筒を同封してください。

@ 学校心理士資格更新申請書
証明写真(縦3p×横2.5p、無帽、正面、背景無し、3ヶ月以内に撮影)と、更新審査料の払込受領証(コピー可)を、申請書からはみ出さないよう折らずに貼付してください(横向き可)。

A 更新に関わるポイント合計用紙

B 更新にかかわるポイント申告書(様式1〜4)*申請内容に応じて必要なものを選択
・様式1および様式4については、種別記号順(アルファベット順)に記入してください。

C 添付書類
「種別記号と提出書類一覧」(pdf形式)をご確認の上、もれなく提出してください。
研修会(A・B)、総会・大会参加(T)については、原本を提出してください。

D 新IDカード用証明写真(縦3cm×横2.5cm、無帽、正面、背景無し、3ヶ月以内に撮影)1枚
・更新申請書貼付写真と同一のもの(裏面に登録番号と氏名を記入)を、同封の小封筒(氏名と登録番号を記入)に入れ、封をして提出してください。

3.更新審査料 10,800円

郵便局にある青色の払込取扱票を用い、 通信欄には「更新審査料(ご自身の登録番号)」を記入してください。 払込受領証(コピー可)は、更新申請書の貼付欄に貼付してください。

【振込先】郵便局(郵便振替)   口座番号 00100-4-359009   加入者名 学校心理士

          *または、ゆうちょ銀行 〇一九店   当座 0359009   加入者名 学校心理士

4.書類提出先       *申請書類はコピーを取った上で、提出してください。

〒113-0033 東京都文京区本郷2-32-1 BLISS本郷ビル3F
学校心理士認定運営機構 資格更新係

5.審査結果の通知

2017年11月下旬(郵送予定) *11月末迄に届かない場合は事務局宛ご連絡ください。

6.更新に伴う費用

更新合格者は、50,000円(登録料20,000円、会費30,000円:5年間分)を入金してください。 入金確認後、資格認定証とIDカードをお送りします(12月中旬発送予定)。

更新書類のダウンロード

研修会情報

こちらをご参照ください。


更新手続きをし忘れた方々へ

更新申請期間中に更新手続きをしなかった方で更新意思のある方は、資格有効期間内に事務局に到着するよう、「資格更新期間延長申出書」を 提出してください。1月に審査を行い、審査結果は文書にて通知します。承認された場合は、1年分相当の会費納入により1年間更新期間を延長できます。 (ただし、延長後、更新合格された場合、次回更新までの期間が短くなりますのでご注意ください。)

「学校心理士」資格更新期間延長申出書はこちら(Excel形式)

学校心理士資格更新手続き細則について

こちらをご覧ください。(pdf形式)