2021年のお知らせ

学校心理士大学教員類型およびSV資格を申請された方へ

[2021-5-14]

 面接試験につきまして,当機構の事務局で実施する予定でしたが, 現在のコロナ禍の状況を鑑み,Zoomで行うことになりました
 
突然の変更で申し訳ございませんが,ご理解・ご協力のほどよろしくお願い致します。 なお,日程に変更はございません。

准学校心理士の皆様へお願い

[2021-5-6]

ニューズレター66号を6月中旬に発行予定です。
66号より,准学校心理士の方へはメールにPDFを添付し送信する予定です。
つきましては,メールアドレスが変更になられた方,変更予定の方はトップページ右上の「問い合わせ先」よりご連絡下さい。

6月12日(土)オンライン(Zoom)での学校心理士SV研修会のご案内

[2021-5-6]

2021年6月12日(土)オンライン(Zoom)にてリモートによる学校心理士SV研修会を開催いたします。


下記の要領で更新対象者向けのzoomミーティングによる研修会を実施いたします。(申込〆切5月31日)
但し,学校心理士SV資格を所持している方のみが受講対象です。
※定員に達しましたら随時募集を停止します。
参加登録が完了した方には,6月7日迄に招待メールを送信致します。
(6/9迄にお知らせがない場合は下記のメールにお問い合わせ下さい)

日時:2021年6月12日(土)12時〜14時,15時〜17時
参加方法:zoomミーティング
定員:各講座50名ずつ 
(各々,独立した講座ですので,別々のメールでお申し込み下さい)
参加費:無料

講座1:12:00〜14:00 領域U「コンサルテーション・スーパービジョンの方法」
『特別支援教育の効果的な実践のためのコンサルテーション・スーパービジョンについて』
講師:氏家靖浩(仙台大学)

講座2: 15:00〜17:00 領域T「倫理と法」
『不登校対策・いじめ予防における制度と倫理について−支援体制つくりとその留意点−』
講師:田邊昭雄(東京情報大学)

<司会・コーディネーター> 橋本創一(東京学芸大学)
※学校心理士SV資格更新【領域T】【領域U】ポイントの研修です。
※必ず下記のメールアドレスからお申込みください。
〔申し込み専用メールアドレス〕
jospoffice@yahoo.co.jp
****************************************
メールタイトル「SV研修(6/12)zoom開催のお知らせ」
学校心理士SV登録番号:
氏名:
ご所属支部:
受講したい講座: 講座1(領域U:12〜14時)・講座2(領域T:15時〜17時)
ご自身のメールアドレス:
携帯電話番号(当日の緊急時用):
********************************************

定員をオーバーした場合は,申込を「登録」することができません。
受講のための招待メール(受講URL)は6月7日迄に,学校心理士認定運営機構よりお送りいたします。
講座途中で参加確認コード(キ−ワード)を提示し,それをメモしていただき,講座終了後にメール送信して頂くことにより受講確認を致します。
なお、講座の資料は本機構ホームページに期間限定で掲載する予定です。

※パソコンにカメラとマイクが必要です(元々装備されているものでも,外付でも結構です)。
※パソコン(ノートでもデスクトップでも)使用が推奨されますが,iPad等のタブレットや スマートフォンでも接続可能です。
※ご本人の通信状況等が原因で参加できなかった場合は,責任を負いかねますことをご了承くださいますようお願いいたします。
※更新のための研修会ですので,既に更新ポイントを取得済みの場合は,参加をご遠慮ください。

准学校心理士の名簿掲載につきまして

[2021-4-22]

3月に発送いたしました、「2020年度学校心理士名簿」ですが、
准学校心理士の方は名簿に掲載しておりませんので、ご了承ください。

「学校心理士賞」候補者の推薦を募ります

[2021-3-9]

2013年より,「学校心理士賞」が設けられました。
対象は,学校心理士として卓越した実践・研究棟を行った個人や団体です。
個人の場合は,学校心理士または学校心理士スーパーバイザーの資格保持者,団体の場合は,主たる構成員が学校心理士または学校心理士スーパーバイザーの資格保持者であることを条件とします。
2021年度「学校心理士賞」候補者を募りますので,2021年4月30日必着にて事務所宛にメールまたは文書にてご提出ください。(資料などは必ず郵送してください)

推薦にあたりましては,以下の内容をご記載ください。
1. 候補者 氏名・登録番号・所属支部・役職(ある場合のみ)
2. 推薦者 氏名・登録番号・所属支部・役職(ある場合のみ)
3. 推薦理由
@ 推薦対象となる事案・活動(タイトル)
A 概要説明(800字程度までで説明)
B 評価(400字程度で説明)
「推薦対象となる事案・活動」とは,学校心理学に関わる研究,地域への支援活動など,学校心理士に関わるすべての領域でのこれまでの卓越した活動を言います。

日本発達心理学会第32回大会(リモート)プレカンファレンス
日本発達心理学会・
「教育・発達」心理資格連絡協議会共催シンポジウム
(資格更新ポイントA対象)

[2021-3-9]

テーマ:「公認心理師における『教育・発達』的観点の意義と可能性
    ―その1:教育分野における公認心理師の職域開発と養成―」

●日時:2021年3月27日(土)13時−15時
●申し込み:日本発達心理学会第32回大会プレカンファレンス・ホームページより
http://www.jsdp.jp/jsdp2021/pre-B.html

●参加費:無料
●共催:日本発達心理学会・「教育・発達」心理資格連絡協議会
●後援:日本心理学諸学会連合、日本公認心理師協会(依頼予定)、公認心理師の会
●問い合わせ先:「教育・発達」心理資格連絡協議会事務局
(特別支援教育士資格認定協会:office@sens.or.jp)
* メールアドレスの@マークを半角@に変えて送信願います。
●学校心理士資格更新Aポイント

<プログラム>
●開会挨拶・企画趣旨
花熊 暁((財)特別支援教育士資格認定協会理事長)
●話題提供
1.石川悦子(こども教育宝仙大学こども教育学部)…スクールカウンセラーとしての公認心理師の専門性と課題
2.黒田美保(帝京大学、日本臨床発達心理士会幹事長)…特別支援教育の巡回相談における公認心理師の専門性と課題:東京都での経験を通して
3.大矢正則(東星学園小中高等学校・校長)…管理職・教育相談コーディネーターとして公認心理師の活用
4.川野健治(立命館大学総合心理学部総合心理学科)…心理予防教育における公認心理師の役割
●指定討論
石隈利紀(東京成徳大学、学校心理士認定運営機構理事長、「教育・発達」心理資格連絡協議会代表)
●応答・全体討論
●進行:長崎 勤(実践女子大学、「教育・発達」心理資格連絡協議会事務局)

一般社団法人学校心理士認定運営機構主催
2020年度ベーシック研修会(zoomウエビナー)
(資格更新ポイントA対象)
(申込〆切2/10 准学校心理士の方は2/12正午まで)

※「准学校心理士」向けの研修会ですが,一般の学校心理士も参加可 [2021-1-28]

2021年度申請より「准学校心理士」資格保有者(規定の経験を満たした方)も学校心理士試験を受験することができるようになります。そのため,ケースレポート作成について2020年度大会で研修会を開催する予定でしたが,コロナウイルス感染症の影響で,実施不可となりました。

つきましては,下記の要領でzoom研修会を実施いたしますので,是非ご参加ください。(申込〆切2月10日 准学校心理士の方は2月12日正午まで) 但し,2月27日現在,学校心理士資格を所持していない方(2020年度准学校心理士資格申請に合格されていて,2021年4月1日より資格が有効になる方,一般の方等)は受講不可です。 申込を登録されても招待メールは届きませんのでご承知ください。

日時:2021年2月27日(土)12時から17時
参加方法:zoomウエビナー
定員:各講座490名ずつ(准学校心理士200名,学校心理士290名予定)
参加費:無料

●講座1:12:00〜14:00 
「(仮)学校心理学・教育実践におけるケースのまとめ方・レポートの作成について」
講師:岡 直樹(徳島文理大学・学校心理士資格認定委員長)
柏原志保(広島大学)・小澤郁美(広島大学)
●講座2:15:00〜17:00 
「(仮)学校心理士の保育・幼児教育実践について」
緒方宏明(九州ルーテル学院大学)

<司会>大野精一(星槎大学・准学校心理士資格認定委員長)
<コーディネーター>橋本創一(東京学芸大学)

※いずれの講座も学校心理士資格更新ポイント(A) 1点の研修です。
2講座受講の場合は2点となります。


申込は以下のURLからおこなってください。講座別に申し込む必要があります。

<注意>
・学校心理士登録番号が必要です。手元にIDカードをご用意ください。
・「姓」と「名」を逆に入力されないよう気を付けてください。
・メールアドレスはHTMLメールを受信できるものを記入してください。
・メールアドレスを間違えて入力されると案内メールは届きません。
・一人で複数のアドレスを使用して,複数の申込をしても,受講証は1枚しかもらえません。

●講座1:https://zoom.us/webinar/register/WN_7rMSLdwFSASKrHxQ01G4Hg
●講座2:https://zoom.us/webinar/register/WN_sKIVm88KTrykAVUuFYomAg

定員をオーバーした場合は,申込を「登録」することができません。
登録されると,「保留中」の文字が表示されます。
受講資格を確認したのち,受講のための招待メール(受講URL)をお送りいたします。(2月22日〜24日頃)

受講の確認は,講座途中で質問をし,それに答えていただくことによおこないます。
また,各個人の受講時間を記録しております。
受講証は,3月末頃郵送いたします。

※パソコンにカメラとマイクが必要です。(元々装備されているものでも,外付でも結構です。)
※パソコン(ノートでもデスクトップでも)使用が推奨されますが,iPad等のタブレットや スマートフォンでも接続可能です。
※ご本人の通信状況等が原因で参加できなかった場合は,責任を負いかねますことご了承くださいますようお願いいたします。
※zoomウエビナーに慣れていない方は,2/20頃に接続テストをおこないますので,参加してください。(詳しくは,2/17頃送られるマニュアル添付のメール参照)