2016年お知らせ

 

SCに求められる能力について(文科省資料より)

[2016-11-10]

10月31日に行われた第7回「教育相談等に関する調査研究協力者会議」の
配布資料が公開されました。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/120/shiryo/
1378590.htm



13頁より

(2)求められる能力及び資格

SCに求められる能力としては、学校に適した心理学的な技法を開発する能力、心理・健康的側面の査定能力、カウンセリング面接やグループ面接等の種々の技法を用いた対処能力、教員への心理学的見地からの助言に加え、学校組織への支援を行う組織心理学的援助能力、児童生徒への心の健康保持活動(ストレスマネジメントや対人関係訓練等)の企画立案能力が求められる。また、心理と学校教育両方の知識を有し、教職員及び関係機関と連携・協働しながら教育相談を実施する能力も必要である。SCに必要な資格としては、心理の国家資格である公認心理師が挙げられるが、これまでSCとして担ってきた臨床心理士等の実績を踏まえるとともに、不登校や問題行動 等の未然防止や集団に対する取組を主な 職務とするガイダンスカウンセラーの実績等を踏まえた上で、ふさわしい資格を判断すべきである。公認心理師は、現時点において、 その養成カリキュラムが決定していないことから、今後、 国においてそのカリキュラムの内容を踏まえて検討する必要がある。

一般財団法人日本心理研修センター主催研修会のお知らせ

[2016-9-21]

■平成28年度秋季研修会(大阪)「諸領域における心理支援の知識と課題」

開催日:    2016年11月5日(土),11月6日(日)

会場:     大阪人間科学大学庄屋学舎
   
申し込み予約: 一般財団法人日本心理研修センターホームページより 
http://shinri-kenshu.jp/
詳しくはこちら(PDF形式)をご覧ください。
  学校心理士資格更新ポイントA該当: プログラム第1
  学校心理士資格更新ポイントB1該当: プログラム第2,3,4,5

10月16日  学校心理士災害支援研修会・SV研究協議会のご案内(SV研修含)

[2016-7-14]

一般社団法人 学校心理士認定運営機構 理事長 塩見邦雄
事務局長 大野精一

学校心理士SV,学校心理士,学校心理士補及び災害支援について研修したい 一般の方々を対象に,10月16日,災害支援研修会・SV研究協議会を開催します。
詳しくは開催要項(PDF形式)をご覧下さい。

参加申し込み方法は次の通りです。
9月1日〜9月30日に以下を記し,機構事務局まで メール(office@gakkoushinrishi.jp)またはFAX(03-3818-1588)にてお申し込み下さい。
メールタイトルは「10月仙台災害支援研修会申込」でお送りください。

  ・所属
  ・お名前
  ・学校心理士SV・学校心理士・補資格をお持ちの場合はID番号
  ・連絡先電話番号
  ・連絡先メールアドレス
  ・参加する研修会(第1部、第2部、第3部)

参加費は無料です。
なお,宿舎については各自でご予約下さい。

交通アクセスについては,http://www.tbgu.ac.jp/about/accessをご覧下さい。以上よろしくお願いします。

                     

スーパーバイザー第1期(SV0001〜SV0035)の方は,今年度(2016年度) が更新にあたります。SV研修Uについて未受講の方は,是非ご参加 ください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第3回 学校心理士災害支援研修会概要
(一般社団法人学校心理士認定運営機構 主催)
日 時:2016年10月16日(日)
場 所:東北文化学園大学
担当者:氏家 靖浩(仙台白百合女子大学教授)
            大野 精一(日本教育大学院大学教授・機構理事・事務局長)
            山谷敬三郎(北翔大学教授・機構理事)


第1日(10月16日)
            第一部10-12時 シンポジウム「宮城―震災と日常をつなぐ」
            (宮城からの報告)【学校心理士資格更新ポイントA該当】
            話題提供者(学校心理士資格保有者)
               畑山みさ子(宮城学院女子大学名誉教授)
               石川健(宮城県公立学校スクールカウンセラー 大和町教育相談員 仙
               台大学非常勤講師)
               森谷就慶(東北文化学園大学医療福祉学部教授)
            司会・総括 
               氏家靖浩(仙台白百合女子大学教授)

            第二部13-15時 SV研究協議会「宮城―震災と日常をつなぐ」
            【SV研修Uコンサルテーションあるいはスーパービジョンの方法】
            宮城からの報告と協議を受けて論点整理と参加各SV発表と研究協議
            司会
               大野精一(日本教育大学院大学教授) 
               山谷敬三郎(北翔大学教授)

            第三部15-16時 全体総括
            講師
               瀧野揚三(大阪教育大学教授)

            ※第二部・第三部両方参加の場合【学校心理士資格更新ポイントA該当】
            (SV以外の学校心理士のみ)

<昼食について>
なお,当日は徒歩圏内でコンビニエンスストア,スーパー,食堂等,昼食を確保できるところがございません。学内は飲料の自動販売機のみですので,終日参加予定の方は,各自お昼のご用意をお願い致します。             

一般財団法人日本心理研修センター主催研修会のお知らせ

[2016-9-21]

■平成28年度専門研修会(2)(福岡)
「臨床経験に基づくストレス・トラウマ反応〜震災ストレス症候群の見立て〜」

開催日:    2016年10月16日(日)

会場:     西南学院大学 中央キャンパス2号館 4階 407教室
   
申し込み予約: 一般財団法人日本心理研修センターホームページより 
http://shinri-kenshu.jp/
詳しくはこちら(PDF形式)をご覧ください。

  

求人情報(関東学院六浦小学校)

[2016-8-9]

詳細は会員専用ページ
受付期間:平成28年9月2日(必着)まで

  「教育・発達」心理資格連絡協議会 シンポジウムのお知らせ

[2016-8-9]

公認心理師は「教育・発達」支援にどう貢献するか?―課題と展望―

日時:     2016年8月28日(日)13:00〜16:00
会場:     筑波大学東京キャンパス文京校舎 134講義室
             東京メトロ・丸ノ内線・茗荷谷駅徒歩5分
             ※交通アクセスについて,詳しくはこちらをご覧下さい。
資料代:  500円

※学校心理士資格更新ポイントA該当
詳しくはこちら(PDF形式)

8月7日「学校心理士」資格認定筆記試験

[2016-8-1]

台風等により交通機関への影響が見込まれる場合,試験の実施についての情報はホームページに掲載しますので,ご確認ください。

7月30日大和大学での研修会(SV研修・Aポイント研修)
定員に達しましたので,申込受付は終了しました。

[2016-7-14]

日 時:2016年7月30日(土)
場 所:大和大学講義棟101室(大阪府吹田市)
参加費:無料

    

2016年度ガイダンスカウンセラー資格申請

[2016-7-7]

ガイダンスカウンセラー資格は2012年度より一般試験を開始いたしましたが、 「学校心理士」「学校心理士スーパーバイザー」資格を持っている方は、 今年度は経過措置によって資格認定試験を受けることができます。

申請をご希望される方は、下記書類をダウンロードしてご申請下さい。
2016年度ガイダンスカウンセラー資格申請要領(学校心理士版)(pdf版)
ガイダンスカウンセラー資格認定試験Uの提出書類の記入方法(pdf版)
K-1  『ガイダンスカウンセラー』資格認定試験U申請書(word版)
K-3(1)  実務経験の自己申告書1.実務経験一覧表(word版)
K-3(2)  実務経験の自己申告書2.実務経験申告書(word版)
K-4  ガイダンスカウンセラーとして実践可能な能力と領域(word版)
振替払込請求書兼受領証貼付用紙(pdf版)

※すでに昨年度までにガイダンスカウンセラー資格を取得した方、また「教育カウンセラー」「学校カウンセラー」等を 基礎資格としてガイダンスカウンセラー資格を取得済みの方は申請の必要はありません。

●申請書類提出期間
   2016年9月1日〜9月15日(必着)

  スクールカウンセリング推進協議会 シンポジウムのお知らせ

[2016-6-9]

テーマ:「チーム学校」が目指すスクールカウンセリング
               〜ガイダンスカウンセラーの未来地図X〜
日時:     2016年8月18日(木)13:00〜16:40
会場:     大手前大学・さくら夙川キャンパス A棟A-28
             〒662-8552兵庫県西宮市御茶家所町6-42
             JRさくら夙川駅・阪急夙川駅・阪神香櫨園駅から徒歩7分
           (上記最寄り駅まで,大阪(梅田)から15分,神戸(三宮)から10分,
             京都から50分)
参加費:  1000円
※ガイダンスカウンセラーの資格更新のIについて1ポイントの修了証を発行します。
※学校心理士資格更新ポイントA申請予定
詳しくはこちら(PDF形式)

      

7月30日大和大学での研修会(SV研修・Aポイント研修)のご案内

[2016-6-2]

7月30日(土)大和大学(大阪府)にてSV研修を開催いたします。
今回の研修は,是非学校心理士の方にも受講いただきたいので, スーパーバイザー以外の学校心理士有資格者も受講ができ,Aポイントが 付与されることになりました。

定員に達しましたので,申込受付は終了しました。

研修会ご案内

日 時:2016年7月30日(土) 時間は下記参照
場 所:大和大学講義棟101室(大阪府吹田市)
参加費:無料
ポイント:各研修会につきA1ポイント(SVの方は,SV研修の受講となります)
申込方法:以下を記して7月15日までに、office@gakkoushinrishi.jp (機構事務局)宛にメールする。
1. 希望する研修会
2. 氏名
3. 登録番号
4. 連絡先電話番号
5. 連絡先メールアドレス

●研修会1.(SV研修V その他)
「特別支援教育の新しい展開―インクルーシブ教育について―」
講師:芳川玲子先生(東海大学教授)
時間:10時〜12時 受付:9時40分〜

●研修会2.(SV研修U コンサルテーションあるいはスーパービジョンの方法)
「『チーム学校』を促進する相互コンサルテーション」
講師:石隈利紀先生(東京成徳大学教授 日本学校心理士会会長)
時間:13時〜15時 受付:12時40分〜

※その他
会場の大和大学(〒564-0082 大阪府吹田市片山町2-5-1)へは、 電車でおいでください。
http://www.yamato-u.ac.jp/access.html
JR東海道線「吹田駅」から徒歩7分(新大阪駅から京都より二つ目の駅)
阪急千里線「吹田駅」から徒歩10分

平成28年(2016年)熊本地震について

[2016-4-19]

このたびの熊本地方の地震により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

一般社団法人 学校心理士認定運営機構 理事長   塩見邦雄
事務局長   大野精一
日本学校心理士会  会長   石隈利紀
副会長   岡田守弘

「震災に関する子どもや学校のサポート」の資料(PDF形式)をご活用ください。

日本学校心理士会年報第9号(2016年度)の実践論文および展望を募集します

[2016-3-18]

日本学校心理士会年報第9号(2016年度)に掲載する「実践論文」および「展望」を募集します。 論文執筆にあたっては、「『日本学校心理士会年報』実践論文および展望原稿作成・投稿要領 」をご確認の上、2016年8月31日消印有効でご提出ください。 論文の掲載は、年報編集委員会と論文審査者の意見を総合して決定いたしますが、 編集の趣旨をご理解いただき、積極的にご応募いただきますようお願い申し上げます。
なお、年報掲載に関する論文等の著作権は日本学校心理士会に帰属し、ホームページに掲載いたします。

年報編集委員会委員長 藤原 正光

2016年度学校心理士スーパーバイザー(CSP-SV)資格認定のお知らせ

[2016-3-10]

学校心理士スーパーバイザー(CSP-SV)資格は、学校心理士資格申請時のスーパーバイズや、 学校心理士会員へのスーパービジョン、および研修会講師等を担う、学校心理士の上位資格です。 2015年度までに163名の学校心理士スーパーバイザー(CSP-SV)が誕生しました。

2016年度は<類型A>と、<類型B>の資格認定をおこないます。

類型A-大学に勤務する学校心理学関連の教員
類型B-全国各地の教育委員会・教育研究所・センター等で学校心理学関連の業務を務める研究主事・指導主事等、 あるいは学校現場での学校心理士のリーダー

●資格要件
類型A・B共通要件  1)、2)は必須要件です
1)申請時に学校心理士で、その資格を10年以上有していること(2016年12月31日に資格保有10年となる方も含みます。 IDカードの取得年月日が2007年4月1日以前の方が対象です。)。
2)学校心理士スーパーバイザーとしての人格及び識見を兼ね備えていること。
3)学校心理士にスーパービジョンをおこない、全国各地での学校心理士研修会等で講師を務めることのできること。

<類型A>①と②両方の条件を備えていること
①学校心理士資格取得後の3年以上の期間を含む、合計5年以上の大学勤務(学校心理学関連の授業もしくは担当業務)があること。
*非常勤の場合には年間4コマの講義・演習等を担当していること(1コマは原則半年間の授業)
②学校心理士資格取得後の研究業績5編以上を含む、学校心理学に関する研究業績10編以上を有していること。
*共著可、雑誌掲載可(詳しくは「学校心理士SV申請に必要な研究業績」をご参照ください。)

<類型B>①と②両方の条件を備えていること
①学校心理士資格取得後に5年以上の学校心理学に関する専門的実務経験があること。
②学校心理士資格取得後に学校心理学に関する研究業績2編以上を有していること。
*共著可、雑誌掲載可(詳しくは「学校心理士SV申請に必要な研究業績」をご参照ください。)

     

東京都特別支援教室巡回相談員希望者対象の研修会について

[2016-2-19]

2016年度より今まで臨床発達心理士のみに依頼されていた東京都特別支援教室の相談員に学校心理士も参加できることになりました。 巡回相談員という形です。希望される方は以下の研修会に参加してください。

●日時:         2016年3月13日(日)10:00〜17:00
                    2016年3月21日(月祝)10:00〜17:00
●場所:         TKP渋谷カンファレンスセンター[10B]
●定員:         50名(両日とも)
●2016年度より実際に巡回相談ができる方を対象とします。
   参加条件:  以下の@〜Dの全てを満たす方
   @児童の実態を発達の視点で捉えることができる方
   A「困り感」のある児童に対し、適切な合理的配慮が提案できる方
   B必要なアセスメントの選定が可能で、実施、活用ができる方
   C保護者への対応(説明責任)が担える方
   D2016年度に1校以上の小学校の巡回が可能な方
●参加費:  臨床発達心理士: 5,000円(事前振込)
             ※特別支援教育士あるいは、学校心理士資格のみの方は15,000円。
●申込方法:  臨床発達心理士会東京支部ホームページにて申し込んでください。

                        

求人情報(埼玉県:高校相談員)

[2016-2-19]

詳細は会員専用ページ
受付期間:
  ・郵送の場合:平成28年2月19日 (金曜日)消印有効
  ・生徒指導課持参の場合:平成28年2月22日(月曜日)17時まで 

              

求人情報(滋賀県大津市)

[2016-2-5]

詳細は会員専用ページ
受付期間:
平成28年1月29日〜2月29日午後5時(必着)

 

2月13日大和大学での研修会(SV研修・Aポイント研修)のご案内

[2016-1-15]

2月13日(土)大和大学(大阪府)にてSV研修を開催いたします。
今回の研修は,是非学校心理士の方にも受講いただきたいので, スーパーバイザー以外の学校心理士有資格者も受講ができ,Aポイントが 付与されることになりました。

研修会ご案内

日 時:2016年2月13日(土) 時間は下記参照
場 所:大和大学講義棟202室(大阪府吹田市)
参加費:無料
ポイント:各研修会につきA1ポイント(SVの方は,SV研修の受講となります)
申込方法:以下を記して1月31日までに、office@gakkoushinrishi.jp (機構事務局)宛にメールする。
1. 希望する研修会
2. 氏名
3. 登録番号
4. 連絡先電話番号
5. 連絡先メールアドレス

●研修会1.(SV研修V その他) 「学習障害と注意欠陥多動性障害の診断をあわせもった 児童・生徒への漢字書字指導について」
講師:落合俊郎先生
広島大学名誉教授、大和大学教授
時間:10時〜12時 受付:9時40分〜

●研修会2.(SV研修T 倫理と法)
「弁護士から見た相談業務〜学校心理士に望むこと〜」
講師:野口善国先生 弁護士
兵庫県弁護士会人権擁護委員、同子どもの権利委員、学校事件・事故被害全国弁護団副代表
時間:13時〜15時 受付:12時40分〜

※その他
会場の大和大学(〒564-0082 大阪府吹田市片山町2-5-1)へは、 電車でおいでください。
http://www.yamato-u.ac.jp/access.html
JR東海道線「吹田駅」から徒歩7分(新大阪駅から京都より二つ目の駅)
阪急千里線「吹田駅」から徒歩10分

一般財団法人日本心理研修センター主催研修会のお知らせ

[2016-1-15]

■平成27年度冬季研修会(東京)「諸領域における心理支援の知識と課題」
開催日:    その1:2016年3月12日(土) 10:00〜16:30
      その2:2016年3月13日(土) 10:00〜16:30
      その3:2016年3月20日(土) 10:00〜16:15
      
会場:     その1:跡見学園女子大学文京キャンパス
      その2:筑波大学東京キャンパス文京校舎
      その3:エムワイ貸会議室お茶の水

申し込み予約: 一般財団法人日本心理研修センターホームページより 
http://shinri-kenshu.jp/
詳しくはこちら(PDF形式)をご覧ください。
  学校心理士資格更新ポイントA該当予定: プログラム第11、第21
  学校心理士資格更新ポイントB該当予定: プログラム第12、第13、第14、
                                                                              第22、第31