設立の経緯

  • 1959年の日本教育心理学会第1回総会において、「教育臨床専門家養成研究会」を設置しました。
  • 1962年に日本心理学会、日本応用心理学会、日本教育心理学会の合同で教育臨床専門家の認定機関設立のための準備委員会がつくられ、関係学会や団体に積極的に働きかけが行われました。しかし実現には至りませんでした。
  • 1970年代に次々と教員養成系の大学・学部に大学院修士課程が設置され、その中で教育心理学を中心とした心理学の専攻・専修の専門教育や障害児教育の専門教育が進められるようになってきました。これと並行して、従来の大学院でも、また、私立大学の大学院においても、教育心理学、発達心理学、臨床心理学の研究と教育が飛躍的に発展することになりました。
  • 1989年に「教育心理学専門家養成検討委員会」を設置しました。
  • 1990年には、「学校心理学実行委員会」を設置して、大学院修士課程で心理学を専攻し、教員の専修免許を取得した者に、その免許状に「学校心理学」を付記してその専門性を明示することを都道府県教育委員会に要望する運動を展開することになりました。このような経過の中で、学校心理学実行委員会は専修免許の取得だけではなく、学校心理学を専門とする教育の実践家が広く学校心理学の活動を行う必要があると考え、「学校心理士」の資格認定を実施するよう学会に提案しました。
  • 1996年に「学校心理士資格認定準備委員会」を設置し、資格の内容と条件、認定の方法、研修などについて検討をはじめました。
  • 1997年4月に「学校心理士資格認定委員会」を発足させ、「学校心理士」の資格認定の事業を開始しました。当初会員サービスのための事業でしたから申請者は日本教育心理学会の会員のみでしたが、2000年度からは関連する5学会の会員であれば申請できるようになりました。現在は学術団体(学会)の所属を問いません。