学校心理士とは

【学校等をフィールドとした心理教育的援助の専門家】

学校生活におけるさまざまな問題について、アセスメント・コンサルテーション・カウンセリングなどを通して、 子ども自身、子どもを取り巻く保護者や教師、学校に対して、「学校心理学」の専門的知識と技能をもって、 心理教育的援助サービスを行うことのできる方に対して認定する資格です。 「学校心理士」の資格認定は1997年度から始まり、これまでに約6,300名の学校心理士(補)が誕生しています。
2011年度には、上位資格の「学校心理士スーパーバイザー(CSP-SV)」資格の認定も開始しており、 現在約170名の「学校心理士スーパーバイザー(CSP-SV)」が誕生しています。

学校心理士の目的

いま学校では、多くの児童生徒が学校生活におけるさまざまな問題状況にあって、その解決への援助を求めています。文部科学省の2015年度(平成27年度)学校基本調査によれば、小・中学校の不登校児童生徒数は前年度より4千人増加し、12万3千人となりました。また、いじめ、非行、高校中退、無気力、自殺などの問題は深刻さを増し、さらに近年では、小学校における学級崩壊や校内暴力という問題も大きくなっています。

そしてLD(学習障害)、ADHD(注意欠陥多動性障害)、高機能自閉症などを含めて、障害のある児童生徒の特別な教育ニーズに応じる教育の整備が、重要な課題として進められています。

このような援助を求める子どもを含む全ての子どもの望ましい発達を保障し、促進させることが教育の最大の責務です。

「学校心理士」は、学校生活におけるさまざまな問題について、カウンセリングなどによる子どもへの直接的援助を行うとともに、子どもを取り巻く保護者や教師、学校に対しても、「学校心理学」の専門的知識と技能をもって、心理教育的援助サービスを行うことを目的としています。

学校心理士の活躍する場

「学校心理士」の中には、幼小中高等学校、特別支援学級、特別支援学校などの教育現場で活躍している方が多くいます。 また、教育委員会、教育センター、教育相談所等で活躍している方や教育委員会の依頼を受けて、相談業務に従事している方もいます。

学校心理士スーパーバイザー・学校心理士・学校心理士補の人数

2016年1月1日現在、約4,000名です。

資格の有効期間について

有効期間は5年間です。
学校心理士スーパーバイザーおよび学校心理士は5年毎に資格更新手続きを行う必要があります。(学校心理士補の資格更新はありません。)

学校心理士になるには

資格認定審査は、「提出された書類」「筆記試験」「ケースレポートまたは研究実績」によって行われます。詳しくは 「資格取得」をご覧ください。申請のための条件や、申請の手順を掲載しています。

学校心理士の認定組織

学校心理士の認定は、学校心理士認定運営機構が行っています。詳しくは、認定運営機構とはをご覧ください。

日本学校心理士会

日本学校心理士会規定

幹事役員の一覧

支部一覧

学校心理士スーパーバイザー(CSP-SV)

学校心理士スーパーバイザー(CSP-SV)とは

学校心理士スーパーバイザー(CSP-SV)一覧